日本輸入ワイン協会とは

1985年のジエチレングリコール事件の際、厚生労働省の指導により設立されたワイン輸入業者の団体です。
同省と緊密な連絡をはかり、主に消費者の健康上の安全と食品事故防止のための活動を目的としています。そのために当協会では輸入ワインの自主的な衛生管理の向上につとめ、会員相互及び関係当局との密接な情報交換等を行っています。 また輸入ワイン普及のための様々なイベントの主催・後援や、輸入業者に向けてのセミナーなどを開催。その他、会員企業を対象とした団体PL(生産物賠償責任)保険の受付業務も行なっています。

最新情報

2014/07/03 当会会長 山本 博 監修 「世界のワイン図鑑 The World Atlas of Wine 7th Edition」 出版記念パーティーのご案内
2013/08/27 「ドイツワインの夕べ」開催のお知らせ
2013/03/04 グルジアワインセミナーのご案内
2011/07/19 ◆東京ワインコンプレックス「Sparkling & Sweet Wine Night」
2011/01/24 東京ワインコンプレックス「World Wine Party 2011 Spring」開催のお知らせ

バナー

PL保険について